Upcoming show at Keio Department Store, Tokyo

For more information and translation in Japanese, please read below.

Keio-5.jpg

During my one year of pottery study under Ken Matsuzaki, he had a profound influence on my work. I began to understand on a deeper level the importance of the materials, which I was able to learn about in all its various stages. His masterful creativity, work process and approach towards presentation helped strengthened my discipline and focus. During my last few months in Japan, I was given the generous opportunity to create a collection of Oribe ware, using his clays, glazes and firing methods. Also included are some pieces which were fired in his noborigama kiln. Characteristics of the Hawai‘i landscape emerged as I tried to capture the playful spirit of Oribe ware’s shapes and glazes. Our two island cultures have a strong affinity. Learning about Japanese pottery in Mashiko, and my teacher's way of life as a potter, has been a life-changing experience, for which I am deeply grateful. 

Many thanks to Ken Matsuzaki and Mashiko Pottery International Association, for making this experience possible.

ごあいさつ

 ハワイ州ハワイ島に住む私は、島の自然環境と色々な文化が共存する社会に刺激を受けてきました。魅力的な形態や生物が溢れ、様々な民族の文化が入り混じるハワイ島では、それらが私たちの食や美術、工芸にまで深く根付いています。東アジアの芸術と不完全な美に強く影響を受ける私は、形や土の質感を追求することに情熱を感じており、コイルやたたらによる手びねり、またはろくろで構造的、あるいは抽象的な形を作り、単なる機能的な器ではなく、時を超えて持ち手に親しまれる作品作りに努めています。古いものと新しいもの、フォークアートとコンテンポラリーアートの感性を融合させることで、私の作品が何かを語り、人々の生活に寄り添っていけたらと思っています。

 松崎健先生のもとで学んだこの1年で、先生は陶芸家としての私に多大な影響を与えてくださいました。すべての作業工程において、材料の大切さを深く理解することができました。先生の素晴らしい創造力、求めている表現へのアプローチ、仕事に対する姿勢を目の当たりにすることで、作家として必要な自己管理力と集中力を高めてくれました。日本滞在最後の数ヶ月は、織部作品を作る機会を与えていただき、先生の土、釉薬を使い、窯焚きを学びました。そのうちの数点は先生の薪窯で焼いています。織部の遊び心のある形や釉を捉えようとしていると、ハワイの風景が思い浮かんできたとこを思い出します。ハワイと日本の文化には似た点がたくさんあります。益子で日本の陶芸と先生の陶芸家としての生き方を学んだことは、人生を変えるような経験であり、先生の心遣いに深く感謝をしております。